ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)

3.93
  • (221)
  • (474)
  • (245)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 2775
レビュー : 223
著者 :
rdstaka22さん  未設定  読み終わった 

佐伯教授の過去の手術にペアンの体内置き忘れが発覚!20年後に患者が緊急来院し高階、渡海が手術を行うが、止血できず。そこに北海道で講演予定の佐伯教授が戻って来て、緊急手術を行う。実は、そのペアンは置き忘れではなく、患者に適したやむを得ない処置だったのだ。過去の手術により、特注のカーボン製のブラックペアンを作っていた佐伯教授は、それを患者に埋め込み閉腹する。
手術は、奥が深い...

レビュー投稿日
2013年4月4日
読了日
2010年8月16日
本棚登録日
2013年4月4日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブラックペアン1988(下) (講談社文...』のレビューをもっとみる

『ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする