白痴 (新潮文庫)

3.58
  • (205)
  • (224)
  • (520)
  • (35)
  • (12)
本棚登録 : 2644
レビュー : 269
著者 :
まりかさん  未設定  読み終わった 

引用 頁六一〜 

「私はあなたを嫌っているのではない、人間の愛情の表現は決して肉体のものではなく、人間の最後の住みかはふるさとで、あなたはいわばそのふるさとの住民のようなものだから、などと伊沢も始めは妙にしかめつらしくそんなことも言いかけてはみたが、もとよりそれが通じるわけではないのだし、いったい言葉が何者であろうか、何ほどの値打ちがあるのだろうか、人間の愛情すらもそれだけが真実のものだという何のあかしも有り得ない、生の情熱を託すに足る真実なものが果たしてどこに有り得るのか、すべては虚妄の影だけだ。」

頁一六四〜 
「私は女が肉体の満足を知らないということの中に、私自身のふるさとを見出していた。満ち足りることの影だにない虚しさは、私の心をいつも洗ってくれるのだ。私は安んじて、私自身の淫慾に狂うことができた。何物も私の淫慾に答えるものがないからだった。その清潔と孤独さが、女の脚や腕や腰を一そう美しく見せるのだった。」

レビュー投稿日
2018年3月22日
読了日
2015年3月1日
本棚登録日
2017年2月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白痴 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『白痴 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする