坂口安吾 [ちくま日本文学009]

3.72
  • (22)
  • (37)
  • (43)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 348
レビュー : 43
著者 :
まりかさん  未設定  読み終わった 

引用

頁五五
「一体、人々は、『空想』という文字を、『現実』に対立させて考えるのが間違いの元である。私達人間は、人生五十年として、そのうちの五年分くらいは空想に費やしているものだ。人間自身の存在が『現実』であるならば、現にその人間によって生み出される空想が、単に、形が無いからと言って、なんで『現実』でないことがある。実物を掴まえなければ承知出来ないと言うのか。掴むことが出来ないから空想が空想として、これほども現実的であるというのだ。大体人間というものは、空想と実際との食い違いの中に気息奄々として(拙者などは白熱的に熱狂してーー)暮すところの儚い生物にすぎないものだ。この大いなる矛盾のおかげで、この篦棒な儚さのおかげで、ともかくも豚でなく、蟻でなく、幸いにして人である、と言うようなものである、人間というものは。
 単に『形が無い』というだけで、現実と非現実とが区別せられて堪まろうものではないのだ。『感じる』ということ、感じられる世界の実在すること、そして、感じられる世界が私達にとってこれほども強い現実であること、ここに実感を持つことの出来ない人々は、芸術のスペシアリテの中へ大胆な足を踏み入れてはならない」

頁三〇〇
「しかし富子はうちの宿六はたしかに本当に偉いんじゃないかと思うことがあった。それはつまり、守銭奴で大酒飲みで大助平で怠け者で精神的なんてものは何一つないというのはつまり人間が根はそれだけのくせに誰もそれだけだということを知らないだけなんだ、といううちの宿六の説が本当にそういうものかしらと思われる時があるからである」


頁三七六
「人間のよろこびは俗なもので、苦楽相半ばするところにあるものだ。置くというものがなくなれば、おのずから善もない。(中略)人間は本来善悪の混血児であり、悪に対するブレーキと同時に、憧憬をも持っているのだ」

レビュー投稿日
2019年3月16日
読了日
2019年3月16日
本棚登録日
2019年3月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『坂口安吾 [ちくま日本文学009]』のレビューをもっとみる

『坂口安吾 [ちくま日本文学009]』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする