東野さん作品の中でも私にとって終わり方が好きなパターンの作品でした。
涙する場面、考える場面色々ありますが最後は何となく爽やかな気持ちで終われる作品。
私の東野圭吾のベスト10に入ります。

2016年9月15日

読書状況 読み終わった [2016年9月15日]
カテゴリ ママの読んだ本
ツイートする