足利尊氏 (岩波文庫)

0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
著者 :
reinouさん ノンフィクション   読み終わった 

1966年刊行。底本明治42年刊行。


 戦前のいわゆる皇国史観では常に逆臣・逆賊とされてきたと思われがちな足利尊氏。
 しかし、誰も彼もが、あるいは常にそのような見識であったわけではない。一定時期までは、現代から見て公正と思える論評も存在した。本書がその好例である。

 しかし、これより事後、尊氏を公平に評価する書は、気骨ある一部の研究者のみに限られていく。
 本書は、明治年間における、在野からの英雄に対する公正な目線を感得できる唯一の書に近く、そういう意味で意義深いものと思われる。

レビュー投稿日
2016年12月28日
読了日
2016年12月28日
本棚登録日
2016年12月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『足利尊氏 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『足利尊氏 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする