“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)

4.16
  • (70)
  • (83)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 546
レビュー : 57
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
reinouさん 小説   読み終わった 

 是光君の初恋。それは式部さんに対してではなく…。
 が、両想いの関係は、未だ独り立ちできない高校生という壁が立ちはだかり、想いを交わし合うことなく、儚く過ぎ去っていく。

 ヒカルと人気者男子の地位を二分する頭条は、夕顔を間においてヒカルと覇を競い合った。
 が、時を経て「怨霊」に囚われていた夕顔=夕雨が、助力を得ながらそれを振り払う。その時、彼女が真に恋しく想う相手とは?…。
 大人しい夕顔、源氏の恋のライバル頭中将。夕顔がとりつかれている怨霊とは何?。といった源氏での設定・人格像が投影されたお話しはなかなか楽しい。

 そして、著者がもう一つのモチーフ作と述べた作品も露わに。

レビュー投稿日
2016年12月27日
読了日
2016年12月27日
本棚登録日
2016年12月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2...』のレビューをもっとみる

『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)』にreinouさんがつけたタグ

ツイートする