迷い猫オーバーラン! 2 拾わせてあげてもいいわよ!?(集英社スーパーダッシュ文庫)

3.37
  • (9)
  • (20)
  • (43)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 372
レビュー : 13
著者 :
制作 : ぺこ 
reinouさん 小説   読み終わった 

 上っ面だけを描いているなぁと感じるのは、「パパ…」と違い、リアリティを感じさせる仕掛けや描写が殆どないからだ。
 もちろん完全にリアルである必要はないが、多少なりともそういう仕掛けがないと棒読みになりそうなのだ。
 そういう意味で生活費に苦しむ様と、幼稚園児を子供役に加えた点が、本作から彼の作品への著者の成長なのだろうか。

 一方のツンデレ。
 「大好き」という言葉が、それまでの行動に裏打ちされていなければ、そんな言葉は相手に信用されるはずがない。本来「ツン」の行動は他人にその人の愛情を感じさせるものではないからだ。
 この当たり前の他者の感情を慮れないばかりか、それに逆ギレしている姿に呆れた。というより、こんな女の何が面白いんだろうか。
 あっ、これって、変わった女の生態観察物語だったかぁ……。

レビュー投稿日
2016年12月23日
読了日
2016年12月21日
本棚登録日
2016年12月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『迷い猫オーバーラン! 2 拾わせてあげて...』のレビューをもっとみる

『迷い猫オーバーラン! 2 拾わせてあげてもいいわよ!?(集英社スーパーダッシュ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

松智洋の作品一覧

松智洋の作品ランキング・新刊情報

ツイートする