華麗なる一族(中) (新潮文庫)

3.74
  • (210)
  • (248)
  • (376)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 2241
レビュー : 127
著者 :
reinouさん 小説   読み終わった 

 ワンマンオーナー銀行、大蔵省、日本銀行。大蔵省と不即不離の政治家。一方、銀行子会社たるメーカー、これを支配コントロール下に置く通商産業省。特ダネ欲しさに情報操作の片棒を担ぐマスコミ(新聞)。あるいはこれらから超然とした検察・警察。企業小説の醍醐味を存分に見せつけながら、大介と鉄平、銀平夫婦、そして、万俵一家をかき回す相子の存在と、古風な家族小説の臭味も存分に。これは凡百の作家では描けない、著者ならではかな。◆また、人間の善性は企業人の成功を意味しないという、著者の意地悪な視線も其処彼処に。実に面白いなぁ。
こういうのを読むと、一方の記号的描写が横溢する作品の底の浅さを感じてしまうのは止むを得ないかな。勿論、好き嫌いはあるんだろうが…。

レビュー投稿日
2017年1月24日
読了日
2017年1月24日
本棚登録日
2017年1月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『華麗なる一族(中) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『華麗なる一族(中) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする