最長片道切符の旅 (新潮文庫)

4.31
  • (50)
  • (29)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 339
レビュー : 34
著者 :
reinouさん 紀行文   読み終わった 

1983年(底本79年)刊。78年9月から始めた国鉄(当時)一筆書き切符の旅行記。鉄ちゃん垂涎の旅(今となってはここまでの旅行は不可のはず。特に北海道)だが、流石に真似はできないなぁと。近畿圏以外は個人的記憶の埒外。とはいえ、紀勢本線「くろしお」電車化の一方、和歌山から橋本、高田、奈良経由の急行「しらはま」の残存は意外。案外覚えていないと感じる上、数多存在した急行群の最後の煌輝を物語る。また、彼方此方に挟まれる土地毎の風物、景色、駅弁、乗客の空気感、鉄路の淵源・軌跡が醸し出されるのは、実に著者らしい。

レビュー投稿日
2017年1月22日
読了日
2017年1月22日
本棚登録日
2017年1月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最長片道切符の旅 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『最長片道切符の旅 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする