「希望格差」を超えて 新平等社会 (文春文庫)

3.59
  • (4)
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 13
著者 :
reinouさん ノンフィクション   読み終わった 

2009(底本2006)年刊。中央大学文学部教授。山田教授の分析は実態、実感に合い、大竹文雄阪大教授の分析が部分解でしかないという指摘も首肯可能。実態分析の中では、特に、離婚・男性失業リスクが未婚率をあげ、子育ての費用負担が非出産を促進というのはよくわかる。著者の処方箋は穏当だが、これすら実施不可能の感。特に年金。なお、家族問題を20年来研究してきた著者は、初期のころ、未婚男性と既婚男性との収入格差という結果につき、役所の出す報告書や報道機関での発表機会を官僚等から喪失せしめられてきたらしい。驚愕の告発。

レビュー投稿日
2017年1月20日
読了日
2017年1月20日
本棚登録日
2017年1月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「希望格差」を超えて 新平等社会 (文春...』のレビューをもっとみる

『「希望格差」を超えて 新平等社会 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする