われ日本海の橋とならん

4.10
  • (80)
  • (98)
  • (37)
  • (3)
  • (5)
本棚登録 : 539
レビュー : 107
著者 :
reinouさん エッセイ   読み終わった 

現代中国を日本人の目から北京で定点観測的に叙述したエッセイ。若者へのメッセージにあふれる良書で、私の読後感も元気づけられるものであった。いくつか気になるところを挙げると…。①中国は、国家の安定的統一が核心的利益である。②インターネット人口は5億(驚異的な数)。③愛国と一致する反日は中国の建国神話を構成。が、日本への目線は二律背反で日中の経済的連環は重視。④反日=愛国は中国にとってもリスク。⑤語学習得の肝は、大量の雑談、辞書、新聞読破。暇人は時間という武器を持つが、彼らを生かさぬ殺さぬ姿勢は安定維持の目的。

レビュー投稿日
2017年1月16日
読了日
2017年1月16日
本棚登録日
2017年1月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『われ日本海の橋とならん』のレビューをもっとみる

『われ日本海の橋とならん』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする