静かな炎天 (文春文庫)

3.66
  • (50)
  • (131)
  • (116)
  • (17)
  • (2)
本棚登録 : 1023
レビュー : 144
著者 :
reso100さん 2019読破   読み終わった 

葉村晶が縦横無尽の活躍?をする短編が6つ.ミステリー専門書店の店員と探偵社の調査員を兼ねて、書店の店長富山泰之にもこき使われる.どれも楽しめたが、表題作でバア様を合法的に熱中症で殺すことを企てた某町内会長の策略に引っ掛かりそうになった晶の冷静な観察力には感心した.古典ミステリーが数多く登場するが未読のものがほとんどだったので、これを機会に挑戦してみようと思う.

レビュー投稿日
2019年9月9日
読了日
2019年9月9日
本棚登録日
2019年9月1日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『静かな炎天 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『静かな炎天 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする