“西洋美術史を学ぶ”ということ

3.88
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
制作 : 喜多崎親 
reso100さん 2016読破   読み終わった 

「西洋美術史は何の役に立つんでしょうか?」典型的なDevil's advocateだが,重要な視点だと思う.リベラルアートの重要性を考えるきっかけになると思った.千足さんとは面識があるので高階さんとの出会いのエピソードは楽しく読めた.今度,詳細な話を伺ってみよう.高階さんが強調していた,絵に現れわされたものから,時代背景などを読み取る力を備えていきたいものだ.

レビュー投稿日
2016年7月17日
読了日
2016年7月16日
本棚登録日
2016年7月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“西洋美術史を学ぶ”ということ』のレビューをもっとみる

『“西洋美術史を学ぶ”ということ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする