サバンナの動物親子に学ぶ

3.56
  • (5)
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 6
restsitekさん 環境   読み終わった 

アフリカでの野生生物を観察し続けている著者。
この本は、そんな中で見た「生」と「死」についてのエピソード。

他者の死を悼む象のはなし
母親を探してサイやコヨーテに近づいていく、はぐれた子ヌーのはなし

を読むと、著者は動物を「見ている」のではなく「感じている」のだろう、と思いました。動物に対する視点が違う。

絵は、ミロコマチコさんが描いています。
動物の発するエネルギーを感じさせてくれる絵は、この本にぴったりだと思います。


僕は、子どもの頃から動物が好きでした。
小学校に上がる前、お向かいの家で犬を飼っていました。その犬との交流が僕の動物好きの原点です。
幼稚園や保育園に通わず、バッタやトンボ取りをして遊んでいたことも、物言わぬ生き物たちへの興味につながりました。

羽仁さんの本を読みながら、いつの間にか自分を振り返ってしまいました。

レビュー投稿日
2011年11月18日
読了日
2011年11月18日
本棚登録日
2011年11月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サバンナの動物親子に学ぶ』のレビューをもっとみる

『サバンナの動物親子に学ぶ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする