海辺のカフカ (下) (新潮文庫)

3.63
  • (1987)
  • (2510)
  • (4288)
  • (449)
  • (99)
本棚登録 : 22496
レビュー : 1534
著者 :
もおりいさん  未設定  読み終わった 

主人公の15歳の少年が、幼い頃、母親と姉に捨てられた記憶を辿り、繰り広げられる抽象的かつ象徴的なキーワードを並べつつ、村上春樹的非日常空間を描く。
ここに描かれている人物像は性格的にも性的にもマジョリティではなく、一貫して陰鬱でもの悲しい雰囲気が漂う。
人の内面の弱さを全面に出すことを意図しているんだろうと考える。きっと学生の頃に読んでいたとしても内容は理解出来なかったろうと思う。

レビュー投稿日
2017年5月5日
読了日
2017年5月5日
本棚登録日
2017年5月5日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『海辺のカフカ (下) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『海辺のカフカ (下) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする