最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

3.19
  • (63)
  • (208)
  • (433)
  • (125)
  • (23)
本棚登録 : 2627
レビュー : 311
もおりいさん  未設定  読み終わった 

女性作家8名による『最後の恋』をテーマにしたオムニバス短編。
少々期待しすぎたのか、最初にテーマ在りきで、それに沿って執筆したのだろうが、妙にわざとらしく感じ、また奇をてらった結末が多かったりする感が否めず、★3つ。

最後の角田光代さんの「おかえりなさい」は、ミステリアスな導入から、意外な結末となり、しめくくりとしてはハズしていない。

レビュー投稿日
2017年11月19日
読了日
2017年11月19日
本棚登録日
2017年11月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (...』のレビューをもっとみる

『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする