東洋脳×西洋脳―多極化する世界で生きるヒント (中公新書ラクレ)

3.27
  • (2)
  • (11)
  • (12)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 92
レビュー : 12
riceedgeさん  未設定  読み終わった 

同音意義の音は抽象意味が同一・中国人のリスク分散本能・中国は自然現象も哲学とみなしてきた・伊尹の土功・漢文の情報圧縮力・雲門の一字閣・ 単音節マッピングの弊害としての冗長音の必要性・東洋の知識体系は敷居が高い・中国文化は既知ありき,全くの新規は好まない,全てはお釈迦さまの手の上・科学的思索は宗教的感覚があればこそ・心,未知は日本固有の概念 ・内なる野蛮者”リヴァイアサン”がなければ人は輝かない・

レビュー投稿日
2015年3月1日
読了日
2013年11月25日
本棚登録日
2015年3月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東洋脳×西洋脳―多極化する世界で生きるヒ...』のレビューをもっとみる

『東洋脳×西洋脳―多極化する世界で生きるヒント (中公新書ラクレ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする