図書館危機 図書館戦争シリーズ (3) (角川文庫)

4.35
  • (2468)
  • (1787)
  • (593)
  • (53)
  • (12)
本棚登録 : 15560
レビュー : 927
著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
rickunさん その他   読み終わった 

シリーズ第3作。物語はより政治的になってきました。
郁の故郷茨城を舞台に繰り広げられる特務機関との闘争、図書館内部での権力闘争、かなり深刻です。
そんな中で、郁と堂上の関係や玄田と折口の関係、微妙に変化する柴崎と手塚の関係など、ほっとできる要素もあります。
女子寮でのいじめのエピソードは、女性でしか描けないなと唸りました。

レビュー投稿日
2012年9月19日
読了日
2012年9月19日
本棚登録日
2012年9月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書館危機 図書館戦争シリーズ (3) ...』のレビューをもっとみる

『図書館危機 図書館戦争シリーズ (3) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする