ホロー荘の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

3.64
  • (38)
  • (61)
  • (84)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 513
レビュー : 63
制作 : Agatha Christie  中村 能三 
rickunさん アガサ・クリスティ   読み終わった 

被害者の目線で、被害者が死ぬまでのことが書いてあるのがなんとも切なかった。被害者目線でかかれていたせいか、そこまでひどい人には思えなかった。
しかし、なぜみんながみんな真犯人をかばったのだろう? 面白半分というのが理由なのかな?いまいち腑に落ちなかった。しかし、ルーシーの会話など、モデルはいたのかしら。架空の存在であんな頭のぶっとんだ人を書いたのだとしたら、すごすぎる。
エドワードとミッジが結ばれたのは、ほっこりしたー。

レビュー投稿日
2018年6月6日
読了日
2018年6月6日
本棚登録日
2018年6月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ホロー荘の殺人 (ハヤカワ文庫―クリステ...』のレビューをもっとみる

『ホロー荘の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

アガサ・クリスティーの作品一覧

アガサ・クリスティーの作品ランキング・新刊情報

ツイートする