星の砂を紡ぐ者たち おちこぼれ砂魔法師と青銀の約束 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2021年10月29日発売)
2.50
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 23
感想 : 1
3

帯に青春の物語とあり、なるほどと思った。たしかに部活ものっぽい。
ユニークな世界観が面白かったのだが何となくこぢんまりとまとまっていた印象。石から砂が産まれて砂を使って魔法を作る、という設定がユニークなのでそちらの話や見立てを絡めた何かが展開されていればもっとすきだったな……と思った。良くも悪くも学園ものの枠組みに収まってしまっていた感じ。
ただ登場人物の心の動きなんかは良かったと思う。曇る女の子が好きなので。
なんかこう、思い返すだに色々惜しくて悔しい。全部惜しい!!!!!!!! もっと面白くなるはずなのにと思ってしまった。ミートパイ食べたいなら砂魔法で植物を生み出せるのだから食糧作れるじゃん! ってなるじゃんとか。そもそも闇魔法を使える条件が厳しいのに代役の犯人を立てるの無理じゃない? とか。悔しい~~~~~もっと面白いはずなのに!!! と傲慢にも思ってしまった。全部惜しい!!!!!!!! ほんと、絶対化ける作品だと思うんですよ!!!!!!!! 悔しい!!!!!!!!
基本的にはネガティブな感想は書かない主義なのだけれど悔しすぎるので言ってしまう。他の人には手放しで勧められないんだけど、私自身には刺さりました。とにかく砂魔法っていう設定がユニークで興味を引いたので、これからぜひたくさんお話を書いてもっともっと面白いものを生み出していってほしい。何様目線だよ……。いやでも先生の名前は覚えました。次回作を楽しみにしています。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年7月1日
読了日 : 2022年7月1日
本棚登録日 : 2022年7月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする