ダルタニャンの生涯―史実の『三銃士』 (岩波新書)

3.57
  • (16)
  • (20)
  • (43)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 224
レビュー : 28
著者 :
お転婆さんさん  未設定  読み終わった 

世界でもっとも有名なフランス人かもしれない、と著者をして言わしめる人物、ダルタニャン。児童向けにリライトされた『三銃士』にわくわくし、それが全十巻の大作の一部だったことを知った時の興奮は忘れない。実在の歴史上の人物が「人の顔」をして生き生きと描写され、ダルタニャンとアトス、ポルトス、アラミスたちはその合間を素晴らしくしなやかに動き回っていた。著者の名は知ってはいたものの、日本人の書く仏蘭西ものにはやや眉唾もの、という先入観を持っていたことは否めない(トロワイヤのロシアものは読んでるくせに)、自戒!

レビュー投稿日
2014年8月4日
読了日
2013年6月27日
本棚登録日
2014年8月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダルタニャンの生涯―史実の『三銃士』 (...』のレビューをもっとみる

『ダルタニャンの生涯―史実の『三銃士』 (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする