「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫とのセックスが週3回になりました

3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 3
著者 :
riglaviさん  未設定  読み終わった 

大きなあらすじとしてはタイトルの通りなのだが、それ以上にいろいろなことが本の中で考えられている。怒りや悲しみといった感情に真剣に向き合いその源・メカニズムを丁寧に文章で解きほぐすその姿勢に、読んでいるこちらも解放感を得られる。
タイトルに関係する部分でいうと、内なる男性嫌悪に気づき、男性を「可愛いもの」として眼差すこと、愛の表現として下手に出ることを学ぶようになるというのがストーリーだろうか。でも、それだけではとてもまとめきれたものではない、という感じがする。

レビュー投稿日
2019年7月7日
読了日
2019年7月6日
本棚登録日
2019年7月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫と...』のレビューをもっとみる

ツイートする