つめたいよるに (新潮文庫)

3.59
  • (903)
  • (967)
  • (2407)
  • (120)
  • (26)
本棚登録 : 9893
レビュー : 994
著者 :
あやりさん 小説   読み終わった 

ねぎを刻む話が確かあったなぁと、ふと思い出して手に取った。
もう何度も読んだ短編集。

お目当ての一編はタイトルはそのまま、一人暮らしのOLがねぎを刻むお話。

今の自分と重なる。孤独でいるのを好んでそうしているのは自分なのに、どうしたって我慢ならない時がある。

最近、なんとはなしに涙が出てきてびっくりしたことがあった。
仕事が忙しくてストレスが溜まってた訳でもないし、泣ける映画を見てたわけでもない。
自分で作ったカレーを食べながら、涙がこぼれたのだ。

カレーが美味しくて、美味しいと思うのはそれが母の味に似てるからで、ふと実家が恋しくなって、涙が出た。

それ以来、またそんな風に泣いてしまうのが怖くて、なにかと忙しいフリをする。

前は、退屈なくらい時間を持て余して1人でいるのも平気だったのに。一生1人で生きていきたいとさえ思っていたのに。

今度涙が出そうになったらねぎを刻んでみようかな。

レビュー投稿日
2019年12月18日
読了日
2019年11月20日
本棚登録日
2019年11月20日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『つめたいよるに (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『つめたいよるに (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『つめたいよるに (新潮文庫)』にあやりさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする