恩讐の彼方に

3.98
  • (15)
  • (27)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 26
著者 :
Eさん 名作 青空文庫   読み終わった 

市九郎は妾を奪うために主人を殺害して逃亡、強盗殺人を繰り返す。
ゲス過ぎてしょうがないが、猛省し仏門に入る。
九州に渡り、通行の難所で何人もが命を落としている場所があり、そこでトンネルを掘ろうと決意する。
犯した罪は消えないが償うため周囲の嘲笑を受けても止めない。
次第にその懸命さに人々は心を動かされる。
もちろん罪は犯すべきではない。
罪を犯した人は更生できるのか、そして社会でも認められることができるのか、考えさせられる。

主人の息子が仇討ちに来る。
息子には大義名分がある。当然の報いだ。
しかしラストは、ほぉぉっと感心させられ
拍手したくなる。

この物語に出てくる九州の手掘りトンネルは大分県中津市本耶馬渓町に実在する「青の洞門」がモデルらしい。手掘り…気の遠くなるような作業だっただろう。

レビュー投稿日
2020年5月6日
読了日
2020年5月6日
本棚登録日
2020年5月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『恩讐の彼方に』のレビューをもっとみる

『恩讐の彼方に』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする