七つの死者の囁き (新潮文庫)

3.22
  • (19)
  • (58)
  • (147)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 620
レビュー : 93
rikiishimidoriさん 娯楽   読み終わった 

有栖川有栖『幻の娘』から始まり、恒川光太郎『夕闇地蔵』に終わる構成がとても良いと思った。どの作品も面白かった。小路幸也氏のバクシリーズ(正式名称を知らない)はずるいなあ。面白くないわけがない。吉来駿作『嘘をついた』は意外性もあり、ほろりとさせられる面もあり、好き。『夕闇地蔵』は圧倒された。

レビュー投稿日
2012年9月29日
読了日
2012年9月29日
本棚登録日
2012年9月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『七つの死者の囁き (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『七つの死者の囁き (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする