ガラスの仮面の告白 (角川文庫)

  • 角川書店
3.15
  • (0)
  • (13)
  • (35)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 104
感想 : 9
4

姫野カオルコは昔読んだ「終業式」が好きで、その次に読んだ「整形美女」は内容は面白いんだけど文章が理屈っぽいのが嫌だった。
この本は多分3冊目なんだけど、裏表紙に「明るくって元気なエッセイの数々。」とあるからにはエッセイだと思って読んで、軽くて読みやすいな〜へ〜SM作家だったんだ知らなかった〜とか思ってWikipedia見たら嘘でした。

Wikipediaより抜粋
随想風小説『ガラスの仮面の告白』がエッセイに分類されて発売されたこともあり、団鬼六賞の受賞をきっかけに小説家としてデビューしたと誤解されることが多かった。

なんかもっと若い人だと思ってたんだけど、今56歳だそうです。小説で例えに出てくる芸能人が全く分かんないから昔の芸能人マニアなのかと思ってたけど、世代が離れてるだけだったのか。

面白かったところ抜粋

「若い子はキライだわ。四十代が好き。心得てるから」
「愛なんて。けっきょく肉体の快楽だけが刹那の夢なのに」
の、ような、ことを頻繁に発言するという「ときどき出てくるワキ役キャラクター」じみたことをしていた。

原稿を書いた。
「彼女の肉体は喜びにふるえ、子宮までもがとろけそうだった」
書いて書いて書いてやった。
「フン、こんなこと、あるわけないだろ、バーカ」
と思いながら書いて書いた。

ここだけ抜き出すとあんまり面白くないかな。
読んでる時は噴き出しました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: エッセイ
感想投稿日 : 2014年10月1日
読了日 : 2014年10月1日
本棚登録日 : 2014年10月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする