平気で冤罪をつくる人たち (PHP新書)

3.00
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 8
著者 :
ringoenringoenさん  未設定  読み終わった 

足利事件
事件概要が掴める。あらましから、無罪判決、締めで誤判の原因までを語る。DNA鑑定を「夢の科学技術」と思い込み捜査、裁判をしてしまったことが原因としてあげられている。

思い込みは時として事実をもねじ曲げる。言葉は悪いが、解釈が真実になることが示されるいい例。

痴漢冤罪
もし当事者になったら名刺を渡して立ち去るのぎ良いと書かれる。水掛け論であるにも関わらず、原告被害女性の証言が「証拠」として採用されてしまうことの怖さを取り上げる。
そして、裁判官の判断の間違いを指摘する。勾留するには(1)犯罪事実の疑いがあること。(2)住所不定であること。(3)罪証隠滅のおそれあるいは逃亡の可能性があること。このようなことが起こり痴漢有罪となってしまう。

レビュー投稿日
2015年6月7日
読了日
2015年6月7日
本棚登録日
2015年6月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『平気で冤罪をつくる人たち (PHP新書)』のレビューをもっとみる

『平気で冤罪をつくる人たち (PHP新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする