【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

3.74
  • (76)
  • (182)
  • (123)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 1294
レビュー : 180
著者 :
rinoumeさん  未設定  読み終わった 

最近この時代の定説もどんどん見直されてきており、どんな内容だろうとワクワクしながら読んだが???な内容だった。
さまざまな資料をあたっていることには評価できるが、推論には無理がある。家康を危険視してたって、北条始め東には難敵がまだまだ存在してるのだから、1582年の段階で除去する必要はないし、領土を褒美として配るスタイルには限界が来るのが信長には分かっていたから茶の湯御政道を行ったのに、その点についての言及なく唐入り阻止のためというのも、突っ込みどころが多くて困った。

レビュー投稿日
2015年2月1日
読了日
2015年2月1日
本棚登録日
2015年2月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 ...』のレビューをもっとみる

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

明智憲三郎の作品一覧

明智憲三郎の作品ランキング・新刊情報

ツイートする