エンジェル (集英社文庫)

3.18
  • (86)
  • (240)
  • (985)
  • (119)
  • (19)
本棚登録 : 2826
レビュー : 272
著者 :
りんさん 小説   読み終わった 

幽霊になってしまった男の話。
幽霊の先輩に、いろいろ教えてもらう。

他の幽霊も、けっこういますよ的なお話があったかと思うのですが、あんまり幽霊は出て来ませんでした。
これは、主人公が積極的に、幽霊とはかかわらなかったというだけのことかも。

幽霊なのに記憶喪失という設定が効いています。

なんか、悪役もみんな、それなりに魅力的ですよねぇ。主人公自体も、彼女を守りたいと思ってはいるけど、それほど悪役に憎しみを持っていたり、復讐をしたいと思っているわけではない。それよりは、淡々と真実を知りたいというのがあります。

その淡々としたところ、でも、不思議な泥臭さはあって、石田 衣良の書く物語は、なんか人が生きているなぁという感じがします。

ラストのどんでん返しも、でも、聞いたらものすごくなっとくした。
それでも、それでも、その中に「本当のこと」も、「優しさ」もあるのだなぁと。
それでも、「大事」なのだなぁと。
そして、それは彼の初体験での出来事へのメッセージでもある。

良い話です。

レビュー投稿日
2017年12月27日
読了日
2014年12月5日
本棚登録日
2017年12月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『エンジェル (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『エンジェル (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする