イヴの眠り―YASHA NEXT GENERATION (2) (flowersフラワーコミックス)

3.42
  • (24)
  • (20)
  • (93)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 307
レビュー : 7
著者 :
りんさん コミックス   読み終わった 

吉田秋生は、昔は、すごく絵柄の安定しない人で、絵はすごい上手なのですが、キャラクターが、キツネみたいな絵になったり、大友克洋みたいな絵になったりしていました。

でも、「BANANA FISH」の後半あたりから、すごく安定した絵を描くようになってそのあたりから、物語のおもしろさも、一段と増してきた気がします。*1

「イヴの眠り」では、有末静の娘アリサ、そして、クローン死鬼、などがでてきているのですが、同じ顔をしながらも、しっかりと描きわけができているところがスゴイですね。
しかも、アリサは、母親であるルー・メイにも、ちゃんと似ている。

おんなじ顔の描きわけをしたマンガは、わたしが知る限りあと、成田美名子の「CIPHER」ぐらいだと思います。*2

レビュー投稿日
2010年1月5日
読了日
2010年1月5日
本棚登録日
2010年1月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イヴの眠り―YASHA NEXT GEN...』のレビューをもっとみる

『イヴの眠り―YASHA NEXT GENERATION (2) (flowersフラワーコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする