アルティメット X‐MEN〈6〉 (アメコミ新潮)

4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
りんさん コミックス   読み終わった 

ベッツィが出てきたと思ったら、いきなり死んでしまったという。女の子たちは、もっと無口なイメージがありますが、このシリーズでは、よく話します。

うーむ。でも、暴力でしか止められないこともあるかもしれないなぁと思います。
教授の考え方も、「人殺しは良くない」でも、「圧倒的な暴力で相手を制圧して、その後、説得というのはしかたない」という考え方でないかな。
まあ、話し合いのテーブルにつかすためには、それも仕方ないと思っているはず。

でも、本当に暴力で脅されてついたテーブルで話し合いができるかどうかというのは、難しいと思います。

本当にこわいのは、実は、教授自身が自分の能力をじつは制御できていないんじゃゃないかという可能性。
無意識のうちに、周りの人を操っているということはないのかな。

実は、マグニートーが最後に教授を励ましたりするのでさえ、教授の(無意識のうちの)自作自演じゃないなんていえるんでしょうか?

レビュー投稿日
2007年8月14日
読了日
2007年8月14日
本棚登録日
2011年8月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アルティメット X‐MEN〈6〉 (アメ...』のレビューをもっとみる

『アルティメット X‐MEN〈6〉 (アメコミ新潮)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする