イティハーサ (6) (ハヤカワ文庫 JA (649))

4.00
  • (21)
  • (15)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 6
著者 :
りんさん コミックス   読み終わった 

昔、読んだときは、単純な物語しか理解していなくて、鷹野の桂に対する思いとかは、全然理解していなかったなぁと思います。
弟ではなくて、並んで立つ者になりたかったんだとやっと気づきました。
そして、その想いの元は、ずっと前に見た桂の後ろ姿からきていて、本当に、シーンに1つも無駄がないマンガだったのだと思い知らされます。

そういえば、なんで、こんなに執着しあいながら、最後に結ばれるのが、鷹野とトウコではなくて、ヤチオウとトウコであったりするのかがとかいうのは、やっぱり、ずっと理解できなくて、理解できなかった故に、ずっと、心の中にトゲとして刺さっていたのでした。

今回、読み返してみて、「イティハーサ」は、水樹版「百億の昼と千億の夜」なんだなぁと、そういう読み方をしてはじめて、スーッと理解が通ったところがたくさんあります。

レビュー投稿日
2014年2月10日
読了日
2013年11月22日
本棚登録日
2013年11月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イティハーサ (6) (ハヤカワ文庫 J...』のレビューをもっとみる

『イティハーサ (6) (ハヤカワ文庫 JA (649))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする