うつくしい子ども (文春文庫)

3.45
  • (404)
  • (740)
  • (1653)
  • (142)
  • (30)
本棚登録 : 5592
レビュー : 718
著者 :
りんさん 小説   読み終わった 

操り人形に殺されたからといって、そのその痛みや悲しみが減じるわけではない。
操り人形の操り手の背中には、やっぱり人形と同じ操り糸がついていて、永遠に合わせ鏡のようにそれが続いているとすれば、結局、罪は、「社会」とかそういった巨大なものにしか向けることができなくなる。

でも、操り人形の側でも、被害者側でもないこの視点は、とても、新鮮でした。

その立場に、主人公は、否応なしに立たされてしまうのだけど、わたしたちや、マスコミからすると、どうしてもその部分は、見えなくなってしまうから。

見えないものは、ないから見えないわけではなく、見ようとしないから、見えないのだと思った。

レビュー投稿日
2010年8月19日
読了日
2010年8月19日
本棚登録日
2010年8月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『うつくしい子ども (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『うつくしい子ども (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする