マリア様がみてる 3 いばらの森 (コバルト文庫)

3.49
  • (103)
  • (84)
  • (375)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1123
レビュー : 67
著者 :
制作 : ひびき 玲音 
鈴雨さん 日本文学   読み終わった 

紅薔薇、黄薔薇とくれば白薔薇。シリーズ第3巻は白薔薇の過去がテーマとなっていました。とはいえ本編で動きまわるのは主人公の祐巳と黄薔薇の蕾、令と由乃。さすがは先手必勝なだけあり、とりわけ由乃が二人だけでなく物語りも引っ張っていった。
もしかしたらだけど、祐巳や由乃に話すことで、過去のことだから。彼女は生きているのだからと今以上に進んでいくきっかけにもなっているのかな。

レビュー投稿日
2015年9月15日
読了日
2015年9月15日
本棚登録日
2015年9月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マリア様がみてる 3 いばらの森 (コバ...』のレビューをもっとみる

『マリア様がみてる 3 いばらの森 (コバルト文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする