マリア様がみてる 4 ロサ・カニーナ (コバルト文庫)

3.36
  • (62)
  • (66)
  • (367)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1034
レビュー : 46
著者 :
制作 : ひびき 玲音 
鈴雨さん 日本文学   読み終わった 

年が明け三学期が始まると三年生に受験や卒業の影がちらつく。山百合会の薔薇様方も例外なく受験で忙しい様子。
一二年生はといえば来年度のために生徒会選挙が開催されるというのがシリーズ四巻のメインの様子。
クラスメイトに薔薇様にかけロサ・カニーナと呼ばれる蟹名静と実質、三人いる生徒会長に来年度はまだ二年生の志摩子が相応しいか否かという選挙でもあるようなのだが……。
表紙だったり、読者が今回のメインキャラクターだと解釈できる展開なのに志摩子の出番はそう多くない。祐巳、由乃、白薔薇、ロサ・カニーナが志摩子を視野に入れながら展開するが彼女自身、既刊よりちょっと多く喋っているなー程度の出番。
メインだけど、全面には出さないっていうのが作者のクセなのかな。

レビュー投稿日
2015年9月18日
読了日
2015年9月18日
本棚登録日
2015年9月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マリア様がみてる 4 ロサ・カニーナ (...』のレビューをもっとみる

『マリア様がみてる 4 ロサ・カニーナ (コバルト文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする