不連続殺人事件 (新潮文庫)

3.64
  • (9)
  • (16)
  • (18)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 259
レビュー : 23
著者 :
りおんさん ミステリ   読み終わった 

犯人当てゲームに特化した話。
派手なトリックとか探偵の大活躍とか期待してると、あれ?とか思うかもしれないけど、作者が『ミステリはヒントを読者にも見える形で正々堂々と書いてちゃんと犯人をあてられるようにしてある論理的なのが一番良い』みたいな考え方の人なのでそういうところを目指した作品としてはすごく面白いと思う。
些細なこととかあれは何か関係してたのかな…みたいなとこが全部ちゃんと考えられて書かれてたってことが最後わかるのですごいなぁと。
犯人を知ってる状態でもう一回読みたくなる。

最初は登場人物の多さと、やたらと入り乱れた関係性についていけなくてなかなかノれなかったけど、それに慣れてきて事件が起き始めたあたりからはテンポもよくなって読みやすかった。

この新潮社版には登場人物表がついてたのが本当にありがたかった。これがなければさらに覚えにくかったと思う。
安吾から読者への挑戦状も載ってて面白かった。

他に『アンゴウ』と、戸川さんと北村さんの対談が載ってるのも良い。

レビュー投稿日
2018年9月19日
読了日
2018年9月19日
本棚登録日
2018年9月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『不連続殺人事件 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『不連続殺人事件 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『不連続殺人事件 (新潮文庫)』にりおんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする