土と生きる――循環農場から (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店 (2013年9月21日発売)
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 13

小泉循環農場の野菜箱に同封されていたおたよりを集めたもの。
成田や羽田の反対運動、あったことは知っていたものの詳細をよく知らなかったので、まだすべてが解決したわけではないんだな、ということを今更ながら知った。
そして3.11というか福島原発事故の影響、本当に広範囲に及んでいたのね。半減期の長いセシウム137が土の中の有機物と結合すると野菜には転移しにくくなる、というのは知らなかったので、ほうほうなるほど、と思いながら読んでいた。米ぬかと混ぜて発酵させると落ち葉堆肥の放射性物質の値が変化する/しない現象は、その後原因とか諸々はっきりしたのかが気になる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 本・雑誌
感想投稿日 : 2019年5月14日
読了日 : 2019年5月14日
本棚登録日 : 2019年4月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする