3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ

4.15
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 7
制作 : 掛札 逸美  高山 静子 
ritsucaさん 本・雑誌   読み終わった 

めも: cocklear implant activitations @YouTube

---

大人から0〜3歳児の話しかけ(3つ+1つの「T」)は、9歳頃の学力、その後の進路等々に影響するので、その時期の親子双方に働きかける支援をしていこう、という感じの話。
両親揃ってれば順調に育つとは限らない、ストレスの強い環境下では発達が阻害される、というのはたぶん他でも出てる話だとは思うけど、これも重要な視点だと思う。
途中からメモ魔よろしく引用メモをつけまくってしまった。日々の生活でも意識していきたい。

レビュー投稿日
2018年10月9日
読了日
2018年10月4日
本棚登録日
2018年10月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつ...』のレビューをもっとみる

『3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする