Thinking, Fast and Slow

著者 :
  • Penguin (2012年5月10日発売)
3.93
  • (11)
  • (8)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 256
感想 : 13
5

9か月もかかって読み終わった。いつものことながら、最初の半分ぐらいを読むのにすごく時間がかかったが、最後の1/4は3週間ぐらいで読めてしまった。読んでいるうちに、すいすいと読めて、面白くなる本だった。半分から4/5ぐらいの部分はなるほど、なるほどと読めた。ゆっくり読んで ためになるというか いろいろ考えさせられる本である。アメリカでベストセラーになっているというのが すごいなと思う。日本では全く売れていないのに。今月は emperor of all maladiesも日本発売となっているが、どれほど売れるやら。まだ書評にすらのってない。それに、内容が古くならないうちが面白いんのだが。
それにしても英語の本が翻訳されるスピードというのはすごいものがある。9か月もかけて、なんで英語で読んでいるんだろうというと、ゆっくり読むことに意味が確かにあるはずである。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ノンフィクション
感想投稿日 : 2013年9月11日
読了日 : 2013年9月11日
本棚登録日 : 2013年9月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする