しゃばけ しゃばけシリーズ 1 (新潮文庫)

3.76
  • (1248)
  • (1594)
  • (2185)
  • (122)
  • (25)
本棚登録 : 9960
レビュー : 1561
著者 :
るぅさん 畠中 恵   読み終わった 

とにかく和菓子が食べたくなる。嫌がらせなんじゃないかと思うくらいに、和菓子が食べたくなる。隣の幼馴染が作る和菓子は、ほとんどの場合、褒められる出来ではないらしいのだけれど、そんなことは関係ない。甘いものというのは、何故これほどのパワーを持っているのだろうか。もしかしたら、畠中さんは、何らかの事情で和菓子を食べることを止められていた期間に、これを書いたんじゃなかろうか。出てくる和菓子が、すべておいしそうに思える。しかも、執拗に登場する。何かあったら、すぐ和菓子を食べるのだ。どいつもこいつも。お酒はほとんど誰も飲まない。妖怪たちでさえ、ほとんど飲まず、みんなでニコニコ和菓子である。我慢できようはずもない。矢も楯もたまらず、大福と桃山を買ってきて食べました。まったく。
以前に映画を見たことがあるので、野際洋子の顔が、いつもちらついてました。シリーズをよみたいですね。一日くらいで読めちゃうから。

レビュー投稿日
2010年8月1日
読了日
-
本棚登録日
2010年8月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『しゃばけ しゃばけシリーズ 1 (新潮文...』のレビューをもっとみる

『しゃばけ しゃばけシリーズ 1 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする