新・百人一首 近現代短歌ベスト100 (文春新書)

4.22
  • (12)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 20
路傍の花さん 文学   読み終わった 

近現代の歌人から百人を選ぶことが骨だろうと思ったんですよ、選者が四人もいるのでは。
しかし、プロの歌人が四人集まったら異動はニ三しかないといいます。つまりつまり四人ともが九七人まで同じ歌人を選ぶって言うことです。意外だわ。
むしろ、一家をなす歌人の多くの佳作から一首だけを選ぶのが難しいと言われてみると確かに。自分の好きな歌人ほど、「これ」という一首に絞り込むのが難しいですね。
一冊読むうちには「まさしくこれが一番だよね」と思う時5割、「そうか、そうきたか。確かにねー」と思う時が4割、「ええー、これですか~?」と思う時が1割です。
「ええー、これですか~?」の時は、大概自分の知らない作者です(笑)

レビュー投稿日
2013年7月26日
読了日
2013年7月22日
本棚登録日
2013年7月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新・百人一首 近現代短歌ベスト100 (...』のレビューをもっとみる

『新・百人一首 近現代短歌ベスト100 (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする