さよなら、韓流

3.65
  • (6)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 70
レビュー : 10
著者 :
路傍の花さん ノンフィクション   読み終わった 

一度目は読まずに返し、二度目の貸出で読了。
一度目は、韓流を知らない人にはつまらない本だと、気が載る前に2週間が過ぎてしまいました。
が、「ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと?」を読んだ後でこの本を読むと、実にスリリングでした。
怖いです。この事実。
女たちの嗜癖をバッシングする社会がすでにやってきているんですね。ヘイトされているのは韓流のみならず韓流好きな日本の女たちだった。
おれたちの持ち物のはずの日本の女が「勝手に」韓国男にうつつを抜かすのは許さん、という心情が怖いです。「同胞人だろうと異邦人だろうと、自分の思うようにならない相手は許さん」という狭量が日本の国民性ということにならないよう、しっかりしなければと思いました。

レビュー投稿日
2014年11月6日
読了日
2014年11月6日
本棚登録日
2014年11月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さよなら、韓流』のレビューをもっとみる

『さよなら、韓流』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする