文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

3.73
  • (723)
  • (750)
  • (1361)
  • (56)
  • (7)
本棚登録 : 6021
レビュー : 535
著者 :
灯 六鹿さん 所有(文庫)   読み終わった 

やっと四作目。
主治医おすすめではあったのだけど、好みとしては「狂骨の夢」の方が好きだったと思う。

「禅」「寺」「僧」次から次と新しいことが起き、関口や鳥口ではないがついていくのにやっとという感じだった。
珍しくいつもの中野から場所が箱根へと移り、動きのある、というよりむしろ上へ下へと動いてしかいないのだが、場面展開で面白かった。
平素が動かなさすぎるのだと思う。(本屋の中のシーンが長い)

山下警部補の心境の変化は見ていて面白いというか、哀れでもあるのだけど、あの状況下ではこう成らざるを得ないのだろうなぁというか、山下ではないのだけれどすっきりしたような心地だった。

まちこではないが、わかった気になってわかったふりをするのも違うし口にした途端に立ち消えそうなので、鉄鼠の檻の本質の感想はまだ書かないでおきたい。

いつも思うのだけど、よくもこの顛末をこれだけ永く書けるなぁと思う。そしてまたこの長さ故なのか、わかったようなわからないような、夢だったような心地が残る。
だから、またあの永い頁を再び繰りたいと思う。
読んでいる時から姑獲鳥の夏を再読したかったが、暇を見てまた順番に読み戻り読み進めながら「鵺の碑」を待ちたい。

レビュー投稿日
2018年1月8日
読了日
2018年1月18日
本棚登録日
2018年1月4日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)』に灯 六鹿さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする