きりぎりす (新潮文庫)

3.84
  • (187)
  • (186)
  • (241)
  • (16)
  • (5)
本棚登録 : 1978
レビュー : 183
著者 :
rock39goさん  未設定  読み終わった 

太宰治の小説を読めば読むほど、不器用で、
実に愛すべき人だなと思えてくる。

そして、又吉直樹さんは太宰治に傾倒してるんだな
と改めて実感。文の書き方が非常によく似てる。

『佐渡』を読んでると船旅がしたくなった。

犬好きな私としては『畜犬談』が面白く読めた。
初めのうちは犬を邪険にしていたのに、何だかんだで、
最終的には犬を大事に扱ってる。

『風の便り』では、木戸一郎と井原退蔵が
書簡のやり取りをしていて、思わず私も
文通を始めたくなってしまった。

レビュー投稿日
2018年12月29日
読了日
2018年12月29日
本棚登録日
2018年7月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『きりぎりす (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『きりぎりす (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする