カブのイサキ 5 (アフタヌーンKC)

  • 講談社 (2012年3月23日発売)
4.02
  • (19)
  • (26)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 262
感想 : 15

2ちゃんスレで、作品が突然のエンディングを迎えることをなんとなく知ったこともあるが、たしかになんだか不思議な展開になっている。

業者ノートとして手渡された小包を持って富士山頂へ。時速100km以上で突っ走るケーブルカーは暗闇を通りまるで死の世界へと降りていくかのよう(実際には上昇しているのだが)。
(そうだ…… ほんのおとといの朝に家を出たのに もう何ヵ月も過ぎている気がする)(p.107)
たどり着いた「頂上駅」とそこで出会う「ネコさん」。そこはかとない静寂。「あの世」のような?
同じような小包は何故富士山頂で大気にさらされているのか? 
そこで垣間見た、バイクのカブに乗って日の入りを眺め、(富士山の方にも行ってみてえな)と思うイサキの光景は何を意味するのか?
それを見るきっかけもあの小包。なんなのか?
その光景を見に行っていた時間の流れが、イサキと、カジカやサヨリとでは違う。
何事もなくシロさんのもとに戻り、小包を手渡す。いろんな人のチェックやマークを入れてもらったこと、シロさんが指定した相手ではなくいろんな人のチェックが取れたことがよかった、と。

それまではカブに乗って新しい世界に飛んでいく、旅というか冒険というか、とはいえ地に足がついている感覚があったが、この巻では一気にそれがフワフワとした心もとない、現実世界から遊離してしまっているような印象を受ける。帰路の現実世界部分があっさりしすぎている分、余計にそう感じるのかも。
だとすると戻ってきたシロさんの待つ場所は果たしてどこなのか? という気もしてくる。

この作者のことだからそうした謎が全て明らかになることはないだろうが、確か最終巻だったはずの6巻が楽しみである。

あとほとんどスクリーントーンが使われておらず、細い線で風景や光の微妙なニュアンスが表現されている。初期の外園昌也とも違った線の使い具合がなんとも言えずよい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 本・雑誌
感想投稿日 : 2018年10月15日
読了日 : 2013年8月4日
本棚登録日 : 2018年10月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする