球形の季節 (新潮文庫)

3.17
  • (117)
  • (350)
  • (1236)
  • (184)
  • (38)
本棚登録 : 3998
レビュー : 419
著者 :
Rocketman3さん 本・雑誌   読み終わった 

まず各章の中のセリフからとった章タイトルのつけかたがかっこいい。噂を効果的に使っており、向こう側の世界が出てくるものの全体をこちら側にとどめながら雰囲気を盛り上げる手腕は新鮮だった。噂は人々が語りたいから広まるという説明はなるほどと思わせられた。だから「ノーライフキング」で子供たちに死の噂が広まるのは彼らが潜在意識の中で死を身近に感じていたからだということが今更ながら納得できた。東北の眠ったような町という設定や次々起こる事件の配し方が効果的。「十六番目の小夜子」も読んでみよう。

レビュー投稿日
2018年10月15日
読了日
2000年5月6日
本棚登録日
2018年10月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『球形の季節 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『球形の季節 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『球形の季節 (新潮文庫)』にRocketman3さんがつけたタグ

ツイートする