十八時の音楽浴

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.64
  • (6)
  • (21)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 123
感想 : 27
3

青空文庫。音楽によって洗脳される国を描いた、近未来SF短編。芥川龍之介もそうだが、このタイプの小説は深読みして何かしら込められた高尚な意義を見出そうとすると容易に見つかるので、そこまで気合いれずに純粋に読んだのだが、それでも楽しめた。書かれた時代と内容を考えると、賞賛に値する作品。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年10月15日
読了日 : 2012年11月15日
本棚登録日 : 2018年10月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする