西の魔女が死んだ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (2001年8月1日発売)
3.84
  • (5312)
  • (5106)
  • (6323)
  • (695)
  • (156)
本棚登録 : 44546
感想 : 4989
4

自分の祖母を思い出した。
家や学校にちょっと疲れた時、簡単に日常から離脱できる場所、それが祖母の家。

たっぷりした朝食。
庭に椅子を並べて、背もたれに渡すように布団を干した景色。
梅をザルに並べて土用干し。
どれも慌ただしい自分の毎日とは全く違う。
懐が広く、ちょっと辛辣で、一人の生活を楽しんでいた祖母。

この話の主人公のまいにも、心を預けられるおばあちゃんがいて良かった。

私も自分の生活を愛せるおばあちゃんになれるだろうか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 913日本の小説
感想投稿日 : 2020年6月17日
読了日 : 2017年11月25日
本棚登録日 : 2017年11月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする