蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (1953年6月30日発売)
3.29
  • (119)
  • (285)
  • (688)
  • (123)
  • (23)
本棚登録 : 3938
感想 : 455
3

ちょっと前に流行ってましたよね。現代のブラック企業に勤める若者が共感できる……的な。まあ、2ちゃんねるブラック企業偏差値ランキングで偏差値76のIT業界でもっともブラック、と評されていた会社で働いていた僕から言わせてもらうと、ハッキリ言ってまるで共感できない。ブラック企業とか全然甘い。蟹漁船怖すぎ。
だって、いくら酷いプロジェクトマネージャーでも、メンバーを殺したりしないですしね。それで、殺しておいてそれをなかったこととかに出来ないし。
なのでまあ、何が言いたいかというと、ブラック企業に勤めてしまって毎日が辛い人たちも、「あーでもオホーツク海で蟹漁船に放り込まれてるわけじゃないしな」と思ってがんばってください。いざとなれば、地続きなのでどこにでも逃げられる。蟹漁船は逃げ場すらないのだ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学(国内)
感想投稿日 : 2013年6月29日
読了日 : 2013年5月21日
本棚登録日 : 2013年5月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする