県庁おもてなし課 (角川文庫)

4.06
  • (973)
  • (1332)
  • (561)
  • (94)
  • (13)
本棚登録 : 10111
レビュー : 906
著者 :
yuさん  未設定  読み終わった 

お役所のお話だから堅苦しいのかなって思ったけど全くそんなことはなく。500ページ近くあったけどすごく読みやすかった。

吉門さんと連絡取り始めた頃のおもてなし課の反応や態度にはイライラもしたけど、物語が進むにつれてみんながみんな成長してて素敵だった。

必ずしも「便利」が良いわけじゃなくて、時には「不便」も旅の醍醐味になるんだって目から鱗だった。


おまけ程度かと思ってた恋愛要素もたっぷり入っててすっごく楽しい。

個人的に一番好きだったのは吉門さんと掛水くんの関係の変化。
最初は特使である吉門さんにずっと下手下手に出てたけど、言葉が砕けてきたり強気になったり、吉門さんが甘えられる頼れる掛水くんになったり、こういう関係性いいなって思った。
きっとお互い信頼しきってるんだろうな。
この2人にはずっと、お互い切磋琢磨しながら深い友情を築いていってほしい。

レビュー投稿日
2018年10月13日
読了日
2018年10月13日
本棚登録日
2018年10月10日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『県庁おもてなし課 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『県庁おもてなし課 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする